出前そば革命「温めながら届けるそば」

出前革命。出前のそばは伸びる。常識を覆す。「温めながら届けるそば」ついに登場。のびない・くっつかない。目指すは着いた時が食べ頃。

「そば、硬めでお願いします」
ご注文の電話口。お客様からちょくちょくあるリクエストです。

「あぁ前回伸びてたんかなぁ…」
申し訳なさで一杯になる私。でも応えられません。

そば屋の出前 永遠の課題に挑戦

出前のそばは伸びる。どれだけ茹で方を工夫してもです。そばは麺類の中でも特に伸びやすい。細いから。

そば屋の出前 永遠の課題。「伸ばさず配達する」と日夜闘うこがらやの配達員
永遠の課題「伸びるそば」と闘う配達員

2016年秋に新しくなったこがらやのそば。以前のモノより伸びにくい。それでも時間が経てば必ず伸びる。

何とかしたい、ならないか? そば屋の出前 永遠のテーマ。そばを伸ばさず配達する。こがらやの答えがこれです。

温めながら届けるそば新出前システム全8店で開始

  • ※ミニそばを除くすべての温かいそばの出前で、温めながらお届けします。

仕組みは簡単でも誰もやらなかった。

ポイントは2つ。

  1. 「麺が伸びる」問題
  2. 「麺がくっつく」問題

解決しました。それが「温めながら届けるそば」です。

ポイント1
麺とダシを分けてお届け(伸びない)

別容器に分けて入れたそばの麺とダシ
麺とダシは別容器。そばは伸びない。

麺をダシに浸けない。別容器に入れてお届けします。これでそばは伸びません。

「えっ、それだけ?」
はい。簡単です。でも誰もやっていなかった。なぜ今までやらなかったのか。反省しています。

ところが、ことはそう簡単ではありません。

2つ目の問題です。温かいそばは麺がくっつく。ネチネチにです。ダシに浸けないことでさらにくっつく。そばの香りも風味もあったものではない。

そこで2つ目のポイントです。

ポイント2
ダシの熱で麺を温めながらお届け(くっつかない)

新出前システムと従来システムの比較。「でき上がりは到着後」の新出前システム。麺茹で上がる→水洗い→ダシ熱通し+配達→到着→でき上がり。従来(旧)システム。麺茹で上がる→水洗い→湯通し→でき上がり→配達→到着。
「でき上がりは到着後」新出前システム

着目したのは「湯通し」でした。温かいそばをおいしくするのに必須の工程。茹で上がったそばを水洗い後、もう一度温める。ダシと麺の温度差をなくし、ともに丁度良い熱さにします。

温かいそばをおいしく食べるただ1つの方法

  1. 「湯通し」の後すぐにダシをかける
  2. 麺がくっつかないように軽くほぐす
  3. 伸びない内に早めに食べる

店のお客様に提供している方法です。出前でもできないか? 配達中に「湯通し」すればよいのでは? 思いついたのが「ダシ熱通し」です。

配達中に「湯通し」ならぬ「ダシ熱通し」

  1. 茹で上がった麺を専用の中皿に乗せます。
    茹で上がり後、専用の中皿に乗せたそば麺
  2. 麺を乗せた中皿をダシ容器の上にセット。ダシの熱が逃げないように密着パック。
    ダシ容器の上にセットしたそば麺の中皿
  3. 配達中にダシの熱・湯気が麺を温めてくれます(ダシ熱通し)。
    配達中にダシ熱通し(ダシの熱・湯気が麺を温める)
  4. 到着しました。伸びずにくっつかない食べ頃の麺。アツアツのダシです。
    伸びずにくっつかないで到着したそば麺
  5. 麺をダシに入れてください。
    ダシに入れたそば麺
  6. 麺をほぐしてください。シャバシャバと軽く混ぜます。
    軽くほぐしたそば麺

おいしいそばのでき上がり。早めにお召し上がりください。

「着いた時が食べ頃」を目指して

こがらやは本気です。出前のそばに革命を。それぐらいの気概です。出前のそばはまだまだおいしくなる。私達の挑戦を見てもらえるとうれしく思います。
»「こがらや、そばも本気です」プロジェクト