冷たい麺にピッタリ!細うどんがおいしい季節到来

冷たい麺にピッタリ! 細うどんがおいしい季節到来。舌ざわりツルッ。歯ごたえもちもち、シコシコ。喉ごしスッキリひんやり。極細なのにしっかりコシ。選べる細メン・太メン どこまで伸びるんや!小雀弥の細うどん(ホントに切れずによく伸びます。) 続きを見る。細メンナビゲーター・堀江店 浅島じゅんきが案内

うどんのコシとは何でしょうか?

硬さではありません。弾力と粘りです。
小雀弥の夏は細うどんがおいしい。極細なのにしっかりコシがある。口当たり良く喉ごしの清涼感が抜群。
夏の冷たいうどんはぜひ細麺で食べてください。

※ご注文の際、細麺・太麺どちらかご希望をお申し付けください。

オススメ冷たい細うどん特集

ソーメン?
冷やしうどん・・・です。
これがうどんのコシ。食べて涼む麺

冷やしうどん

細ぶっかけうどん
定番の不動人気。迷ったらこれから

細ぶっかけうどん

細おろしうどん
おろしで爽快、食欲全開

細おろしうどん

細田舎うどん
具だくさんがうれしい

細田舎うどん

細生醤油うどん
特製ダシ醤油とすだちであっさり

細生醤油うどん

細ざるうどん
シンプルだからこそ味わえる細麺の食感がある

細ざるうどん

冷やし中華風冷麺
ひんやり さっぱり 夏を越える

冷やし中華風 さっぱり夏越え冷麺

こうしてできる究極の細うどん [製麺職人×うどん職人]の共同リレー作業(信頼)でつくるコシ

彦麻呂さんが迫れなかった秘密を10年越しに

テレビ大阪「みみヨリぃ!?」の取材で黒門店を訪れた彦摩呂さん
黒門店を訪れた彦摩呂さん

小雀弥の細うどん。グルメリポーターの彦摩呂さんに紹介されたことがあります。2007年、テレビ大阪の番組「みみヨリぃ!?」。「究極の細麺」としてです。

「あそこの細うどんがスゴイ」。視聴者の声で訪れた彦摩呂さん。時間の都合と話の脱線で「究極の細麺」の秘密には迫れず。今回10年越しに紹介です。究極の細うどん、コシはいかにしてできるのか?

麺を打つ
製麺職人

ヨシヨシ。うどんが言うことを聞いてくれた。
「じゅんき、後は頼むぞ」でき上がった麺を我が子のように見つめる製麺職人・野元清隆
我が子のようにでき上がった麺を見つめる。
製麺職人・野元清隆

野元清隆51歳。我が子を見つめるように麺のでき上がりを確かめる。すべてはグルテンのために。粘りと弾力を生むうどんのコシの元。小麦粉をこねて得られる。温度、塩、水、こね加減。細心の注意を払いながらひたすら麺を打つ。この男にとってうどんは食べ物ではない。自らの分身だ。

麺を茹でる
うどん職人

うどんを泳がせる。
任しとけ!野元さん。うどんを泳がせるように茹でるうどん職人・浅島じゅんき
泳がせるように麺を茹でる。
うどん職人・浅島じゅんき

野元の分身はじゅんきに託される。うどんにストレスを与えてはいけない。のびのび育てないといい子に育たない。広い釜でゆったり泳がせるように。丁寧に混ぜることで均一に茹で上がる。茹で時間も重要だ。

麺を締める
うどん職人

冷やせばいいというモノではない。
水で冷やしてうどんを締めるうどん職人・浅島じゅんき
締め加減を見極めながら麺を冷やす。
うどん職人・浅島じゅんき

仕上げは冷やして麺を締める。でも冷たくすればいいってものじゃない。ただの硬い麺になる。細麺は特に冷やし加減が難しい。麺の道は奥が深い。日々修練です。